Amazonチャージでお得にお買い物をする!

【2020年】Apex Legendsにおすすめのゲーミングヘッドセット【PCとPS4】

スポンサーリンク
ガジェット
この記事は約16分で読めます。

どうも、ぷちろぐのぷっちー(@putilog)です。

ApexLegendsで生き残るためにサウンドプレイがとても重要。

ゲーミングヘッドセットを使用することで、敵の足音や銃声といった「情報」を拾ってプレイする必要があります。

ゲーミングヘッドセットならどれも同じ?

どれを買えばいいのかわからない・・・。

そこで、ゲーミングヘッドセットを使用してサウンドプレイするのに、どんなゲーミングヘッドセットを選べばいいのか悩みがあると思います。

そこで、ApexLegends用にヘッドセットを選ぶ基準とPS4とPCそれぞれのおすすめのゲーミングヘッドセットを紹介していきます。

実際に私もApexLegendsをプレイするときは足音を聞くためにゲーミングヘッドセットを使用しています。

実際にレビュアーとしてゲーミングヘッドセットを多数使用しているので、Apexでの使用できるかという点についても参考にしてください。

では、Apex Legendsで使うゲーミングヘッドセットは「音の定位」と「バーチャルサラウンド」が重要であることについてとおすすめのゲーミングヘッドセットを紹介していきます。

スポンサーリンク

ApexLegendsについてと音の重要性について

ApexLegendsは3人のチームで最後の1チームになるまで生き残りを賭けて戦うバトルロワイヤルです。

敵も3人のチームで戦うので、遠距離戦は敵を倒せたとしてもチームの生き残りに復活させられてしまいますね。

そこで、チーム殲滅など決着がつくのは基本的に近距離での戦いになります。

先に敵を見つけて先手を打ち敵を倒すには敵の情報である「音」が重要な鍵となります。

例えば、足音で近づいてくる敵を察知したり、遠くで聞こえた銃声で敵がいることを知り警戒することができますね。こういった「音」の情報を得ることで、先手を取ったり慎重に立ち回ることができます。

そこで、音がしていてもどこから聞こえているのかがわからなければ音を聞いても意味がありません。

なので、ゲーミングヘッドセットを選ぶ基準としては、バーチャルサラウンドが使用できて定位が良いゲーミングヘッドセットを選ぶ必要があります。

バーチャルサラウンドは、周囲にスピーカーを置いた仮想空間を作り音を立体的に表現する技術。

ゲーミングヘッドセットでも音の定位が悪く、音がぼやけていたり、音の位置を把握できないようなものもあるので注意してくださいね。

PCでバーチャルサラウンドが使用できるゲーミングヘッドセットでもPS4では使用できないことがあるので、それぞれPCとPS4でおすすめのゲーミングヘッドセットを紹介します。

ApexLegendsがPS4などのCS機とPCがありますので、それぞれでしっかりとサウンドプレイができる音の定位が良い物を紹介していきます。

音の定位とは、音がどこから聞こえるのかの音の位置のことです。定位が良いとどこから音が聞こえたかわかります。
スポンサーリンク

ApexLegendsをPS4でプレイする人におすすめのゲーミングヘッドセット3選

おすすめのゲーミングヘッドセットとして選ぶ基準はバーチャルサラウンドが使用可能で定位が良いかを重要としています。

そこで、バーチャルサラウンドの定位が良く、コスパや音質を考慮しておすすめします。

価格順にゲーミングヘッドセットを紹介していきますね。

1.Sonyワイヤレスサラウンドヘッドセット

接続方法 USB無線接続
対応接続 PS4
ソフトウェア コンパニオンアプリ
バーチャルサラウンド あり
ドライバー径 50mm
価格

こちらはSonyからの純正ゲーミングワイヤレスヘッドセット。

約1万円と低価格でワイヤレス接続でありながら、バーチャルサラウンド7.1chにも対応している。

Sony純正なので安定と安心がある
音質は良い
PS4でバーチャルサラウンド対応のヘッドセットの中では低価格
軽い側圧で付け心地が良い
ワイヤレスでコードの煩わしさを感じない
コンパニオンアプリでカスタマイズ可能
コスパが良い
PS4専用
マイク音質が悪い

純正品ですが低価格でワイヤレスでありながらバーチャルサラウンドも使えるという優れものです。

なるべく安くバーチャルサラウンドに対応したゲーミングヘッドセットをPS4でApex Legendsをプレイしたい方におすすめです。

純正品でありながらコスパは最強でワイヤレスとバーチャルサラウンド対応で約1万円と破格の価格設定です。

デザインやフィット感や音質も良いが、マイクの音質が悪いのでPS4で実況などはできないですね。

なるべくやすくバーチャルサラウンドが使用可能なゲーミングヘッドセットを探しているのであればイチオシです!

created by Rinker
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
¥16,800 (2020/08/07 17:44:25時点 Amazon調べ-詳細)

2.HyperX Cloud Revolver S

接続方法 USB有線接続
対応接続 PC,PS4
ソフトウェア なし
バーチャルサラウンド プラグアンドプレイ ドルビーサラウンド7.1オーディオテクノロジー
ドライバー径 50mm
価格

こちらは「Kingston」のブランド「HyperX」のゲーミングヘッドセット「HyperX Cloud Revolver S」です。

「HyperX Cloud Revolver S」はミドルレンジの価格設定で、PS4とPCに対応している。

バーチャルサラウンド機能付きのサウンドカード(USB-DAC)付き
見た目が良い
ソフトウェアの設定は不要で簡単
マイク音質が良い
付け心地は良い
サラウンドとイコライザーの併用不可
細かい設定は不可

有線接続のバーチャルサラウンド対応ヘッドセットになります。

色々な切り替えや調整をオーディオコントロールボックスで行えます。

オーディオコントロールボックス(USB-DAC)でバーチャルサラウンドの有効化からイコライザープリセット変更やマイクミュート、音量とマイク音量の調整と豊富に揃っている。

バーチャルサラウンドの定位はDolbyのサラウンドということもあり、音の位置をしっかりと把握することができます。しかし、バーチャルサラウンドをONにするとイコライザーの機能が使えません。

PS4で有線接続でバーチャルサラウンドが使用できるゲーミングヘッドセットとなるとこれ以外にはSteelSeriesの「GameDac」が付いてくる「ArticsPRO」のみになります。

しかし「ArctisPRO」と「GameDac」のセットは約20,000円と価格が高い為、こちらの「HyperX Cloud Revolver S」をおすすめとして紹介しました。

3.Razer Thresher 7.1

接続方法 USB無線接続
対応接続 PS4,PC
ソフトウェア Razer Surround PRO(PCのみ)
バーチャルサラウンド Dolby Headphone with 7.1 Surround Sound
ドライバー径 50mm
価格

こちらは「Razer」からゲーミングヘッドセット「Razer Thresher 7.1」です。

「Razer Thresher 7.1」はハイエンド価格設定で、PCとPS4に対応しワイヤレスゲーミングヘッドセットです。

高級感のある見た目
無遅延ワイヤレス
バーチャルサラウンド7.1chの定位が良い
音質とマイク音質が良い
眼鏡でも平気な側圧と付け心地
価格が高い

ソニーの純正ヘッドセットと比べると高い価格になります。

ボイスチャットの音質はこちらのほうが良いので、ボイスチャットを使う方は此方にしておいた方が良いです。

「Razer Thresher 7.1」はDolbyのバーチャルサラウンド技術を使用していて、しっかりとした定位感でApexLegendsできちんとサウンドプレイができます。

音質とマイク音質、付け心地も良く価格が高いところを除けばとても良いゲーミングヘッドセットです。

「Razer Thresher 7.1」と「Razer Thresher Ultimate」があり、「Razer Thresher Ultimate」はUSBレシーバーではなくヘッドセットスタンドのベースステーションでPS4と光デジタル接続し、ヘッドセットとワイヤレス接続という形になります。約+3,000円で「Razer Thresher Ultimate」が買えるのでもし、ベースステーションタイプが気になれば「Razer Thresher Ultimate」も検討してみるといいと思います!

スポンサーリンク

ApexLegendsをPCでプレイする人におすすめのゲーミングヘッドセット3選

おすすめのゲーミングヘッドセットとして選ぶ基準はバーチャルサラウンドが使用可能で定位が良いかを重要としています。

そこで、バーチャルサラウンドの定位が良く、コスパや音質を考慮しておすすめします。

価格順にゲーミングヘッドセットを紹介していきますね。

1.Logicool G430

接続方法 USB有線接続
対応接続 PC
ソフトウェア Logicool ゲームソフトウェア
バーチャルサラウンド Dolbyテクノロジー採用7.1サラウンドサウンド
ドライバー径 40mm
価格

「Logicool」からゲーミングヘッドセット「Logicool G430」です。

「Logicool G430」はローエンド価格のゲーミングヘッドセットになります。

バーチャルサラウンドの定位は良い
価格が安く入門機としておすすめ
音質はそこまでよくない
バーチャルサラウンドを利用すると音が小さい
バーチャルサラウンドで「サーッ」というノイズが入る

バーチャルサラウンドの定位感は良いが音質面があまりよくない(価格相当)。

バーチャルサラウンドを利用すると音量が小さく感じるが、サラウンド技術の仕様上仕方のないことなのです。

バーチャルサラウンド7.1ch対応のゲーミングヘッドセットを初めて使ってみようという方におすすめ。

音質面で劣ることがあるが、バーチャルサラウンドの定位が良いのでしっかりと足音や銃声を聞いてサウンドプレイができます。

バーチャルサラウンドを利用するにはLogicool ゲームソフトウェアのインストールが必要になります。

追加で約2,000円出せば次に紹介する「Logicool G433」が購入できますがなるべく安いほうが良いという方向けに紹介しました。

ロジクール(Logicool) G430 Surround Sound Gaming Headset(サラウンドサウンド ゲーミングヘッドセット/7.1ch/ブラック・ブルー)

「Logicool G430」をApexLegendsで使用するのに、「Logicool G430」を使用した感想や使用感などのレビュー「【G430レビュー】FPSを始める人におすすめ。メリット・デメリットを紹介」にて紹介していますので参考にどうぞ。

2.Logicool G433

接続方法 USB有線接続
対応接続 PC
ソフトウェア Logicool ゲームソフトウェア or Logicool G HUB
バーチャルサラウンド DTS Headphone:X
ドライバー径 50mm
価格

「Logicool」からゲーミングヘッドセット「Logicool G433」です。

「Logicool G433」はミドルレンジ価格帯のゲーミングヘッドセットになります。

バーチャルサラウンドの定位は良い
音質とマイク音質は良い
とても軽く長時間の使用でも疲れない
側圧が軽く柔らかいので眼鏡でも平気

デメリットが思い浮かばなかったレベルの超コスパ最強のヘッドセット。

アマゾンでは複数のカテゴリーで1位を取っており超人気です。

「Logicool G433」はメッシュのイヤーパッドで長時間の使用で疲れることも、蒸れることもないです。

メッシュが合わない方は付属のマイクロファイバーのイヤーパッドと取り換えることもできるので安心です。

バーチャルサラウンドの定位はとても良くApexLegendsでしっかりと足音や銃声を聞き取りサウンドプレイをすることができますね。

バーチャルサラウンドを利用するにはLogicool ゲームソフトウェアのインストールが必要になります。

ApexLegendsでコスパの良いPC向けゲーミングヘッドセットをお探しの方におすすめです。

ゲーミングヘッドセット ロジクール G433 ブラック【送料無料】 7.1chサラウンド PS4 PC ニンテンドーSwitch Xbox One 高音質 ヘッドホン ヘッドフォン 【2年保証】

「Logicool G433」をApexLegendsで使用するのに、「Logicool G433」を使用した感想や使用感などのレビューを「【ロジクールG433レビュー】完成度の高いコスパ最強ヘッドセット」で紹介していますので参考にどうぞ。

3.Logicool G PRO X(G-PHS-003)

接続方法 USB有線接続
対応接続 PC
ソフトウェア Logicool G HUB
バーチャルサラウンド DTS Headphone:X 2.0
ドライバー径 50mm
価格

「Logicool」からゲーミングヘッドセット「Logicool G PRO X」です。

「Logicool G PRO X」はハイエンド価格帯のゲーミングヘッドセットになります。

見た目に高級感がある
バーチャルサラウンドの定位は良い
装着感は良い
音質とマイク音質が良い
価格は高い

高級感のある見た目と気持ちの良い装着感をしたゲーミングヘッドセット。

G433と比べると重くなったがその分性能も上がっている。

G433と比べる重くなったが、イヤーパッドや頭頂部は柔らかく長時間使用しても疲れない設計になっている。

バーチャルサラウンドはDolbyのバーチャルサラウンドの技術を使用していて定位がしっかりしていて良い。

バーチャルサラウンドを利用するにはLogicool ゲームソフトウェアのインストールが必要になります。

マイクにはBlue Voiceを採用しており、マイクの音域設定などができてマイク音質もかなり良い。

超高性能なゲーミングヘッドセットなので良いゲーミングヘッドセットでApexLegendsをプレイしたい人や実況をしたい人におすすめ。

「Logicool G PRO X」をApexLegendsで使用するのに、「Logicool G PRO X」を使用した感想や使用感などのレビューを「Logicool G Pro Xゲーミングヘッドセットレビュー:最高峰の音質と定位感で最高です」で紹介していますので参考にどうぞ。

スポンサーリンク

まとめ

PS4とPCでは対応しているゲーミングヘッドセットが違ってくるので別々で紹介していきました。

そこで、紹介したゲーミングヘッドセットをまとめると。

  1. PS4で安くてバーチャルサラウンドに対応しているゲーミングヘッドセットは「Sonyワイヤレスサラウンドヘッドセット」。
  2. PS4で有線でバーチャルサラウンドに対応しているゲーミングヘッドセットは「HyperX Cloud Revolver S」。
  3. PS4でバーチャルサラウンドに対応していて、装着感や音質が良いゲーミングヘッドセットは「Razer Thresher 7.1」。
  1. PCで安くてバーチャルサラウンドが使用できるゲーミングヘッドセットは「Logicool G430」。
  2. PCでコスパが良くバーチャルサラウンドが使用できるゲーミングヘッドセットは「Logicool G433」。
  3. PCで最高の使用感のバーチャルサラウンドが使用できるゲーミングヘッドセットは「Logicool G PRO X」。

使用するデバイスや価格などを考えて購入しましょう。

合わせてApex Legendsでおすすめのサウンドカードを紹介しています。サウンドカードとゲーミングヘッドセットを使用することで最高の音環境で戦えますよ。「【2020年】Apex Legendsでおすすめのサウンドカードを紹介【4選】」で紹介していますので参考にどうぞ。

Comment

タイトルとURLをコピーしました