AmazonPrime登録でお得にお買い物!

EPOS・SENNHEISER GSP370レビュー:バッテリー100時間と軽量の最強ゲーミングヘッドセット!

URLをコピーする
URLをコピーしました!

評価:5

どうも、ぷちろぐのぷっちー(@putilog)です。

今回はゼンハイザーの『GSP370』をAmazonのセールで購入したので、実際に使用した感想を書いていきます。

特徴
  • 軽量285g
  • バッテリー寿命100時間
  • 高音質
ぷっちー

ワイヤレスゲーミングヘッドセットで驚異の軽量285g、バッテリー100時間はヤバイ!!!

といった内容になっています。

では『GSP370』のレビューをしていきます!

目次

『SENNHEISER GSP370』購入の経緯

ゼンハイザーの製品は前から使用しており、サウンドカードの『GSX1000』を愛用してます。

サウンドカードとしてFPSやバトロワゲーで使用していて「音質と音の定位がとても良い」のでヘッドセットも気になっていました。

音質や定位に定評のある『GSP600』が気になっていたのですが、価格がゲーミングヘッドセットの中では高く約30,000円。

そこで同じゼンハイザーのゲーミングヘッドセットのワイヤレスゲーミングヘッドセット『GSP370』と有線のゲーミングヘッドセット『GSP350』を購入しました。

心の声

安くなっててついポチッたら神だった・・・w

『GSP350』のレビューはSennheiser GSP350レビュー:軽量でコスパ最高ゲーミングヘッドセットにて詳しく紹介しています。

『GSX1000』のレビューは【GSX1000レビュー】PUBGにオススメのUSB型サウンドカードにて詳しく紹介しています。

『GSP370』の特徴

2020年5月7日に発売したワイヤレスゲーミングヘッドセット。

価格は現時点(2021年1月12日)で公式サイト26,800円。ワイヤレスゲーミングヘッドセットの中で、他メーカーと比べるとハイエンド価格。ゼンハイザーEPOSの中ではワイヤレスゲーミングヘッドセットの中ではミドル価格となっている。

では、特徴と詳細スペックを書いていきます。

最大100時間のバッテリー性能

ワイヤレスゲーミングヘッドセットの中では100時間は驚異の長時間バッテリーです。

大体のワイヤレスゲーミングヘッドセットでは30~50時間です。

1度の充電で100時間使用できるので、1日5時間使用しても20日は使用できる長寿命!

ぷっちー

ワイヤレスゲーミングヘッドセットを使用していて結構バッテリー切れが気になる所。そこが解消されているのがとても凄い。

ワイヤレスなのに軽量

ゲーミングヘッドセットは重量がかなり重要。軽いゲーミングヘッドセットでは長時間使用しても疲れを感じない。

ワイヤレスになると重量はよりバッテリー分重くなるがそれでも『GSP370』は285gと超軽量。

他のワイヤレスゲーミングヘッドセットだとほとんどが300gを超えており、400gに近いワイヤレスゲーミングヘッドセットは多いです。

ぷっちー

長時間バッテリーでありながら軽量のゲーミングヘッドセット、最強か!?

詳細スペック

充電時間1時間
動作温度範囲0〜40
範囲(視線)10メートル
範囲(オフィスでの使用)10メートル
技術データ
箱の中は何ですかChargingCable、BTDongle
パッケージの重量(完全な製品とパッケージを含む)636g
製品パッケージの寸法(L x W x H)224 mm x 240 mm x 101 mm
マスターカートンの寸法(L x W x H)594 mm x 270 mm x 524 mm
ディストリビューターマスターカートンのユニット10
包装
寸法80 mm + 200 mm + 180 mm
製品の高さ180mm
イヤーパッドのサイズ110 mm + 80 mm + 15 mm
重量285g
ケーブルの長さ1500mm
寸法
着用スタイルヘッドバンド
ブラック
ヘッドセットの重量285g
記事番号1000231
EANコード5714708000327
UPCコード840064400329
イヤーカップリング耳の周り
トランスデューサーの原理ダイナミッククローズ
互換性MacOSX、PS5、PCSoftphone、PS4
全高調波歪み1%
一般的なデータ
保証2年
長期-信頼性

EPOS公式サイト

公式のスペックを表示しております。

100時間使用できるヘッドセットで、充電時間は1時間で済みます。

ぷっちー

1ヵ月に1回充電すれば充電切れを起こさないレベルのバッテリーの持ちです。

公式スペックで285g。保証は2年と長期の保証をしてくれている。

ぷっちー

スペックはもちろんいいし、保証も2年としっかりしている!

GSP300シリーズごとの違いについて

今回紹介する『GSP370』は「GSP300シリーズ」です。

その中でも特徴の違いをそれぞれお伝えしていきます。

  • GSP300:有線アナログ接続、バーチャルサラウンドは無い
  • GSP350:有線USBデジタル接続、バーチャルサラウンドあり
  • GSP370:USB無線2.4GHz高速ワイヤレス、バーチャルサラウンドあり

といった違いになっています。

どれも重量や見た目に違いはほとんどないが、接続方法やソフトウェアの使用の有無などに違いがある。

「GSP300シリーズ」の中でもハイエンドな価格帯の『GSP370』です。

『GSP370』の外観・開封

『GSP370』を開封していき、ヘッドセット本体と付属品を見ていきます。

『GSP370』の開封

STEP
梱包された外箱
Amazon梱包状態

Amazonで購入して送られてきた状態が写真の状況です。

丁寧な状態で送られてきました。

STEP
外箱
外箱表面
外箱裏面

外箱の表面と裏面の写真です。

ゼンハイザーらしい白と青のポイントカラー。

心の声

シンプルでかっこいい・・・

STEP
外箱を開けた状態
外箱を開けた状態1
外箱を開けた状態2

外箱を開け、見ていきます。

開けるとカバーが付いており、カバーを外すとヘッドセット本体と付属品が入っています。

ぷっちー

しっかりと保護されてますね。

『GSP370』の外観本体と付属品

STEP
内容物全て
内容物
内容物
  1. ヘッドセット本体
  2. USBドングル
  3. 充電用USB Type-A to MicroUSB
  4. 説明書等書類
ぷっちー

それぞれ詳しく見ていきます!

STEP
USBドングル
USBドングル

USBドングルの写真です。USB Type-A接続。

大きめでゼンハイザーのロゴが入っており、無くしにくいと思います。

STEP
USB充電ケーブル
USB充電ケーブル

USB充電ケーブルの写真。MicroUSB to USB TypeA。

USB充電ケーブルは十分な長さがあるので、もし充電がなくなった場合でも充電しながらプレイすることができます。

STEP
書類
書類関係

書類関係3つの写真です。

どれも取り扱いの説明書ですね。

STEP
ヘッドセット本体
正面側
裏側

『GSP370』の正面と裏面の写真です。

ぷっちー

全体的に黒のカラーリングですね。

側面

横から見た写真。

横から見るとロゴと文字がホワイトカラーです。

全体的にメタリックなシルバーカラーとブラックでかっこいいです。

右側音量ボリューム
左側マイク

右側に音量調整のネジ、左側にマイクがあります。

ぷっちー

では、ヘッドセット本体のそれぞれを詳しく見ていきます。

STEP
頭頂部
ヘッドバンド保護シート付き

買った始めの状態ではヘッドバンド部分に保護シートが付いています。

ヘッドバンド保護シールを剥がした状態

保護シートを剥がすと表面がサラサラの加工されたプラスチックです。

ヘッドバンドクッション

頭頂部のクッションの写真です。

クッションはとても柔らかく、メッシュ状になっており通気性が良く蒸れにくいです。

STEP
イヤー部分
イヤー部分クッション
クッション性確認

イヤー部分の写真です。

イヤーのクッションはクッション性が高く、頭頂部のクッションよりも触り心地はサラサラでふんわりしているイメージ。

イヤーカップは耳の大きさ丁度くらいの大きさなので他のヘッドセットなどと比べると小さく感じる印象はあるがカッチリ耳を覆う感覚がある。

イヤーカップを外した状態

イヤーカップを外した状態の写真です。

イヤーカップを外した状態で真横から見ると、グリルが後ろ側に下がっている。

STEP
マイク
マイク上限
マイク中間
マイク下限

マイクの写真です。マイクを上限・中間・下限と動かした時の写真になります。

マイクを上限まで上げるとマイクをミュートにすることができます。

マイクを中間まで持ってくると「カタ」と止まります。

マイクの下限は結構下まで下げることができます。

STEP
接続と電源
電源スイッチと充電口
電源ON

電源スイッチと充電部分(MicroUSB)の写真です。

電源スイッチを手前に押すことで電源がONになり、赤または緑で点滅します。ドングルを見つけられなかった場合赤で点滅し自然と省電力モードになります。

緑で点滅後はヘッドセットとドングルが接続されます。

電源スイッチを後ろ側に入れることでヘッドセットの電源が切れます。

ぷっちー

電源スイッチがほっそいので折れちゃわないか心配です・・・。

STEP
マネキンに装着
正面
後ろ
右側面
左側面

マネキンに『GSP370』を装着させた写真です。

実際に装着すると少し小さく感じるがフィット感はしっかりしている。

マイクの高さは中間で止まるがそこより下げたところが丁度よく感じる。

ぷっちー

側圧もそこまで強くないのが画像で分かると思います。

STEP
重量の確認
重量283g

EPOS公式のスペックでは285gだが、実測では283gとより軽い数値が計測された。

ぷっちー

2gの誤差ですが本当に軽いですね!

専用ソフトウェア『EPOS・Sennheiser Gaming Suite』

『GSP370』の専用ソフトウェア『EPOS・Sennheiser Gaming Suite』を紹介していきます。

下記リンクの公式サイトで『EPOS Gaming Suite』をインストールできる。

EPOS Website
EPOS - Gaming Suite EPOS | Sennheiser - オーディオ体験を完全制御。 弊社のゲーミングオーディオ ソフトウェアで最先端のサウンド制御。 ダã‚...
インストール後のソフトウェア画面

インストールすると『EPOS Gaming Suite』がインストールされています。

インストールされた『EPOS Gaming Suite』の設定画面に行くとアップデートがありますのでアップデートしておきましょう。

ぷっちー

ドングルアップデートを行うと故障することがあるみたいなので注意!

では、それぞれどういったことがソフトウェアで設定できるかを解説していきます。

再生

再生タブ

再生タブではイコライザー調整、ステレオとバーチャルサラウンド7.1chの選択、反響音の設定(7.1ch選択時のみ)サウンドテストができる。

イコライザー調整は64〜16kの各点を上下に調整することで音域ごとの出す音を設定できる。

2.0と7.1の選択は2.0だとステレオで左右だけでわけた音の再生。7.1を選択するとバーチャルサラウンド7.1chとなり、音をより立体的に聞くことができます。

バーチャルサラウンド7.1chは仮想空間に7つのスピーカーを設置し、音を聞いている状況を作り出すことで音を立体的に聞く技術。

ぷっちー

バーチャルサラウンドには個人差がありますが、音の定位はかなり良いです!

バーチャルサラウンド7.1を選択時に反響をどれだけ強くするかゲージを調整することができる。

サウンドテストをすることで、設定した音をテストで聞くことができます。

ぷっちー

ゲームで使用するのであれば反響はない方がオススメ!

マイク

マイクタブ

マイクタブでは、音声強化、ゲイン、サイドトーン、ノイズゲート、マイクミュートがある。

音声強化ではオフ、ウォーム、クリアとあるがオフが一番良い。ウォームは少しかすれて、クリアはより音がかすれます。なのでオフ一択です。

ゲインはマイクの音量ブーストです。ゲインすることで小声で話すような方でもマイク音を上げることができる。

ノイズゲートは音声入力の下限設定です。雑音だけの音では入らないようにし、自分の声の大きさ程度で設定することで自分の声のみ入力されるようになります。

サイドトーンは自分がマイクを通して発した音が自分にも聞こえるようになる機能です。

ミュートはそのまま押すことでミュートになる。

設定

設定タブ

設定タブでは、ヘッドセットとドングルのアップデート、バグの報告、通知の設定、スタートアップ時の表示設定、言語の設定ができる。

心の声

ここでドングルアップデートしたら使えなくなったので、ドングルに不具合がなければアップデートしない方がいいかもです。

『GSP370』の使用感レビュー

実際に『GSP370』を使用して感じたことを書いていきます。

ゲームで使用した感想はVALORANT、ボイスチャットなどのマイクに関することDISCORDに書き、それ以外についてはそれぞれ詳しく書いていきます。

VALORANTでGSP370を使用してみた感想

VALORANTプレイ画面(Twitch)

VALORANTで使用して感じたことを書いていきます。

まず始めに簡単に書くと

音質が良く聞き分けられ、音の定位も良く文句なし

褒めすぎるのも良くないかなって思いますが、ゲームをプレイしていて音の位置は分かるし、音の聞き分けも問題ない

イヤホンでプレイしていると前後の定位が曖昧になってしまう場合があるが、『GSP370』はそんなことはなく前後も毎回問題なくわかった。

銃撃戦などが激しい状態でも足音やプラントの設置解除音を聞き分けられたのも良い点です。

ぷっちー

解除音聞こえなかった・・・という悲しいこともなかった!

毎日長時間使用しても蒸れることもなく、使用していて頭が痛くなることもありませんでした。

ゲーマーで長時間使用する方でもストレス無く、『GSP370』を装着して長時間使用することができます。

ボイスチャット(DISCORD)

DISCORD

ボイスチャットを主にDISCORDを使用した時の感想になります。

友人に聞いてもらって確認したことになります。主に感じたことを書いていきます。

  • コンデンサーマイクと比べると音量不足を感じるがマイク音質は良い
  • マイクを口元まで近づけても息が入らない
  • ミュートが楽

感じたことは上記のことくらいですかね。

マイク音質はヘッドセットの中でも音質は良い方です。

ぷっちー

DISCORDのノイズカットが優秀なのもあるけど、『GSP370』のマイク音質は良いですよ。

USBドングルに不具合あり

私の場合、ZENNHEISER Gaming Suiteの状態では使用できていたが、EPOS Gaming Suiteにアップデート後USBドングルが認識されなくなった。

アップデートのタイミングでGSP370のドングルが故障してしまったのだと考えられます。

その後、EPOS Gaming Suiteの再インストール、USBドライバーのアンインストール、ヘッドセットとUSBドングルのアップデートを試したがOS側に認識されないままとなりました。

ぷっちー

USBドングルのアップデートだけ失敗していたので完全に故障かなぁ・・・。

なので、私は故障ということでまだ購入から3ヶ月程度なので保証期間ということもあり故障対応の場所に送りました・・・。

Twitterで色々な不具合からの復帰した報告があったので一応貼っておきます。

ぷっちー

解決してる人もいれば故障したままの方もいるので注意してね・・・。

軽くて100時間持つバッテリーはかなり便利

一番初めにも書いたが285gと軽量でバッテリーは100時間持つ

VALORANTを5時間程プレイしても全然痛くならなかった。

300g後半のヘッドセットを使用するといつも3時間くらい経つとメガネの部分だったり側面が痛くなっていたが、痛くなるようなことが無かった。

いつも30時間のバッテリーでは充電忘れをするとゲーム中にヘッドセットの充電が切れることが多かった

だが、バッテリーが100時間ももつので充電するのを忘れても全然平気で2,3日充電を忘れても充電が切れることもなかった

ぷっちー

軽くてバッテリー長寿命はノーストレス!故に最強!

追記:USBドングルのアップデート故障で新品と交換になりました

今回SENNHEISERの故障した際の送り先に送りましたが、ゲーミングデバイスの修理はEPOSで行っているということでした。

もし、私と同じく『GSP370』が故障してしまった場合は、EPOSとメールなどでサポートセンターに連絡をしてから送ったほうが良いみたいです。

今回私の場合はSENNHEISERからEPOSへ送られてどういった状態で故障したかをお伝えして約2か月程かかりましたが故障から帰ってきました。

私の場合はUSBドングルを「EPOS Gaming Suite」でアップデートした際に故障してしまったのですが、無償で交換となりました。

ぷっちー

めっちゃ良いワイヤレスゲーミングヘッドセットだから早く交換してほしかったですね・・・。

『GSP370』を他のヘッドセットと比較

『SENNHEISER/EPOS GSP370』を同価格帯のワイヤレスゲーミングヘッドセットと重量と充電持続時間、価格を比較していきます。

名称をクリックすることでそれぞれの詳しいレビュー記事に飛びます。

名称SENNHEISER/EPOS GSP370Logicool G PRO XワイヤレスゲーミングヘッドセットRazer BlackShark V2 PROHyperX Cloudⅱ Wireless
重量285g370g320g300g
バッテリー持続時間100時間30時間24時間30時間
価格
GSP370と他ワイヤレスゲーミングヘッドセット比較

同価格帯のワイヤレスゲーミングヘッドセットと比較すると圧倒的に軽く、バッテリーの持続時間が長いことが分かります。

ぷっちー

正直ワイヤレスゲーミングヘッドセットを買うならこれ一択なレベルですね!

『GSP370』レビューまとめ

結構な長文になってしまいましたがここまで見ていただきありがとうございました。

ではここまでで書いてきたことをまとめていきます。

  • 285gと超軽量
  • バッテリー100時間もつ
  • 高音質
  • 音の定位が良い
  • マイク音質が良い
  • USBドングルに難あり

ゲームをプレイする人は長時間プレイする人が多いと思いますが、そんな方に最適だなと思います。

ぷっちー

ゲーミングヘッドセットとして良い所しかないんだよなぁ・・・。

Push通知を受け取る

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてください!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる