【GSX1000レビュー】PUBGにオススメのUSB型サウンドカード

スポンサーリンク
ガジェット
この記事は約5分で読めます。

どうも、PUBGプレイヤーのぷっちー(@Putilog)です。

サウンドカードはPUBGをプレイしたときの音質や音の定位を左右する周辺機器。

ヘッドセットを使用してプレイしている人が多いと思いますが、サウンドカードもより良い音質音の定位を求めるのであれば必要になります。

私もPUBGをプレイするときはサウンドカードとヘッドセットを使用していますので、欠かせない存在です。

GSX1000が音質、定位ともに良く最高のサウンドカードなのでその特徴を紹介していきます。

スポンサーリンク

GSX1000の購入経緯

まず、サウンドカードを購入するにあたって、私がもっとも重要視していたことは「定位の良さ」で考えていました。

どんなに安くてコスパが良いとか言われていても、定位が悪く使い物にならなければ意味がありません。

実際に、GSX1000を購入する前には、CreativeのSoundBlasterXG5を購入して少しだけですが使っていました。ですが、ロジクールのG430を使ってゲームをしていたときよりも、音質は良くなったが、重要な低位がとても悪く使った瞬間に「やってしまったな」と思いました。

ぷっちー
ぷっちー

正直価格が他のサウンドカードと比べて高いことで躊躇いましたが、定位が良いという点だけを考えるとGSX1000が一番良いと思いました。

▶︎SBXG5のレビューはこちらにて書いております。

スポンサーリンク

GSX1000をPUBGで使用したときの設定

GSX1000をバーチャルサラウンド7.1chを有効にして使用しました。

PCでバーチャルサラウンド7.1chを有効にし、GSX1000本体でも2chから7.1chに変更し使用しました。

詳しい設定の方法についてはGSX1000設定方法で紹介しています。

PUBGでGSX1000を使用した感想

GSX1000と使用したイヤホンは「SE215」でヘッドセットは「G430」です。

イヤホンでプレイするときは30~40くらいのボリュームの音量で聞き、ヘッドセットの場合は90~99のボリュームで聞いていました。

 

最初に一言で表すと、音質、定位ともに最高

 

足音は自分の足音と他のプレイヤーの足音の聞き分けは流石に難しいですが、自分の足音が聞こえていない状態では、どこから聞こえているのかハッキリとわかります。

銃声は、自分の銃声と他のプレイヤーの銃声を聞き分けることができ、どこから聞こえているのかも完全に把握できました。

 

ぷっちー
ぷっちー

足音は自分の音と相手の音が近すぎるので、表現も近いものとなり、私は聞き分けできませんでした。足を止めるかジャンプすることで足音がしたかどうか判断できたので支障はありませんでした。

スポンサーリンク

GSX1000は音質とサラウンドの定位が良い

GSX1000は音響メーカーのゼンハイザー製ということもあり、音質とサラウンドの定位が良いです。

 

音楽を聴くときのモード(ミュージック)は低音を強調している感じのイコライザで、聞いていた私は低音を強調して聞くのが好きなのでとても良かったです。

映像コンテンツを楽しむモード(ストーリー)は全体的に迫力を感じるイコライザで、映画やアニメなどをみる場合はこのモードにして観ると迫力があって良いと思います。

FPSなどのゲームで使用するモード(eスポーツ)は中音域を弱くしているイコライザで、FPSゲームをする場合はeスポーツモードにすれば足音や銃声が聞き取りやすいので使っていくと良いでしょう。

 

ぷっちー
ぷっちー

FPSをプレイする上でeスポーツモードはとても優秀で、ほとんどのFPSにあてはまる音域の強化が足音や銃声などを聞こえやすくして、いらない環境音を切ってくれるので最高です。

スポンサーリンク

GSX1000はタッチだけで設定やスピーカーとヘッドセットを変更できる

GSX1000本体にタッチするだけで

  • スピーカーとヘッドセットを切り替え
  • 2chのステレオと7.1chのサラウンドを切り替え
  • 4つの登録されたプリセットを切り替え

といった切り替えをワンタッチで出来るので、とても楽。

 

スピーカーとヘッドセットの出力先の切り替えをするとなると、PCで再生デバイスをいちいち変更する必要がありますが、その手間が省けます。

実際に私がよく使っている機能としては、スピーカーとヘッドセットの切り替え音量の調整くらいです。

スポンサーリンク

GSX1000だけではイコライザの調整ができない

GSX1000のイコライザを細かく調整したいとなるとGSX1000とは別に他のソフトウェアを頼る必要がある。無料のソフトウェアでは「イコライザーAPO」がありますので、このようなソフトウェアに頼ってイコライザを細かく調整する必要が出てくる。

 

サラウンドの定位がよく、音質も良いのでイコライザをもっと詰めたいという方はイコライザーAPOを入れてみると良いと思います。

ぷっちー
ぷっちー

サウンドカードの中では定位が良い方なのだと思います。そこで2万円を出す価値があるかはデメリットとうまく付き合える方にあると思います。

 

スポンサーリンク

GSX1000レビューまとめ

GSX1000は2万円と他と比べると高価ではあるが、定位や音質の良さを考えると2万円出して買ってもコスパもそこそこ良いかなと思います。

FPS用で購入するのであれば、定位の良さを重視すると思いますのでGSX1000の購入をオススメしたいです。

それ以外の用途で購入を検討しているのであれば他の用途でこの金額はもったいないと思いますので、CreativeのSoundBlasterXG5もコスパが良いのでこちらをオススメします。

・定位が良く音質も良い
・他のサウンドカードと比べると高い
・ワンタッチで色々と切り替えられる
【国内正規品】ゼンハイザーコミュニケーションズ ゲーミング&PC用オーディオアンプ GSX 1000 506527
created by Rinker

Comment

タイトルとURLをコピーしました