Amazonで実施中のブラックマンデーセールを見る!

PS4におすすめのサウンドカードランキング!サウンドプレイをするならこれ!

スポンサーリンク
ガジェット
この記事は約7分で読めます。

どうも、FPSプレイヤーのぷっちー(@putilog)です。

PS4にサウンドカードを導入しようか悩んでいるような方におすすめのサウンドカードを紹介していきます。

サウンドカードを導入することで敵の音でどこにいるのか等を判断してサウンドプレイで迷いの無いプレイが出来るようになります。

そこで、サウンドカードの必要性やサウンドカードの選び方を参考にサウンドカードを選んでください。

スポンサーリンク

サウンドカードの必要性について

PS4ではソフトウェアのインストールをしてバーチャルサラウンドを利用するといったことができません。PS4はソフトウェアでの制御はできない為ですね。

そこでPS4でバーチャルサラウンドを利用するのに必要になってくるのが外付けのサウンドカードとなります。

サウンドカードを導入することで、バーチャルサラウンドを利用することが可能となり、音質の改善をすることもできます。

バーチャルサラウンドは仮想空間で聞いている人の周囲にスピーカーを設置して聞いている環境を擬似的に作ることで音の方向や立体感が生まれる。

サウンドカードを導入するメリット

サウンドカードを導入することで得られるメリットは3つ。

サウンドカードのメリット
  • バーチャルサラウンド機能で音の定位が良くなる
  • ノイズがなくなる
  • ゲーム、マイク音質の向上

3つのメリットの中でも最もゲームをする上で重要となるのがバーチャルサラウンド機能を利用することで定位が良くなることです。

バーチャルサラウンドを使うだけで、FPSやバトロワのキルレが上がるといっても過言ではないです。

見てから敵を攻撃するのと敵が来るのを予測して攻撃するのだと、敵が来るのがどの辺りか大体でもつかんだ状態で戦っているほうが断然有利です。

もし、バトルロワイヤルやFPSで勝てなくて悩んでいるのであればサウンドカードを導入したほうが良いですよ。

スポンサーリンク

サウンドカードは何を基準に選ぶべきか

サウンドカードを選ぶときの基準はFPSやバトルロワイヤルゲームをプレイするのであればサラウンドの定位が優れているものから選びましょう。

もしPS4でゲームだけではなく映画なども楽しみたいというのであれば定位だけではなく音質が良いものを選びましょう。

定位が良いかどうかは実際に使ってみるか、レビューやメーカーを信じるしかないので、もし実際に体験できるのであれば体験することをおすすめします。

スポンサーリンク

PS4におすすめサウンドカード3選

1位Astro MixAmp PRO TR

Astro(Logicool)のMixAmpPROは定位が良くて音質も良いです。もちろんノイズも感じることはありません。

MixAmpPROはDOLBYのサラウンド技術を使用しており、PS4ではバーチャルサラウンド5.1chを使用することで音の定位がとても良くなり足音や銃声がどこからしたのかしっかりと把握できます。

特徴

MixAmpPRO本体で全体音の調整とMixの調整もすることが出来ます。

ボタンや操作ダイヤルだけで直感的に操作できます。

なんといってもMixAmpPROの特徴はバーチャルサラウンドの定位が良く、音質やマイク音質も良いという点です。

メリット

  • ゲーム、マイク音質がとても良い
  • サラウンド機能でサウンドプレイは完璧
  • ホワイトノイズなどノイズは感じられない
  • 直感的な操作で調整や切り替えができる

デメリット

  • 約18,000円と高価
  • イコライザーの調整時はPCと接続する必要がある
注意点:PCでイコライザーの設定をしないといけないので一度PCに接続して調整後にPS4で使用する必要があります。

仕様

本体サイズ(幅x奥行きx高さ) 132.5x81x47mm
本体重量 228g
ケーブル長

オプティカルケーブル300cm
MicroUSBケーブル300cm
デイジーチェーンケーブル50cm

カラー

ブラック

接続端子 光デジタル端子
AUX端子
3.5mmステレオミニプラグ
デイジーチェーン端子
周波数 20Hz-24KHz
保証 2年間

詳しい外観や本体の使用感はレビュー記事で紹介していますので参考にどうぞ。

【2019年Astro MixAmp Pro TR】レビューPS4でもサラウンドを使用できる神サウンドカード

2位SteelSeries GameDac

SteelSeries GameDacは定位が良い、しかしMixAmpPROには音質で劣ってしまう。

音質では劣ってしまうが、価格がより安く手に取りやすいです。

バーチャルサラウンドはMixAmpPROと同じくDOLBYのサラウンド技術を使用しており、しっかりと足音や銃声を聞き取ることが出来ます。

特徴

主な特徴としてはSteelSeries GameDacが液晶でPCを必要としないので、ゲーム中にもGameDacのボタンでイコライザーや音量、ミックスを調整することが出来ます。

PCを必要としないがアップデートはあるので一度はPCに接続するべきです。

GameDacの画面を見ながら操作して調整することが出来るので操作が容易でサッと切り替えできます。

メリット

  • 液晶が付いていてPCを必要とせずにボリュームやイコライザーを調整できる
  • Dolbyのサラウンド技術でバーチャルサラウンドの定位がとても良い

デメリット

  • ホワイトノイズやマイクのノイズが少し入る
  • 約10,000円台と手に取りやすい

仕様

接続 PC/PS4接続対応USB-DACアンプ
同梱 4極3.5mm使用ヘッドセット接続アダプター
対応サラウンド DTS Headphone:X 2.0
ディスプレイ等 有機ELディスプレイ、本体にてイコライザ調整可能
再生周波数帯域 5-40,000Hz
オーディオ形式 44.1-96kHz、16/24ビット(ハイレゾ対応)
推奨ヘッドフォンインピーダンス 16-80Ω
保証 1年間

詳しい外観や本体の使用感はレビュー記事で紹介していますので参考にどうぞ。

SteelSeries GameDacレビューまとめ:USB-DAC単体で使えるが実力は?

SteelSeries GameDacレビューまとめ:USB-DAC単体で使えるが実力は?
どうも、FPSプレイヤーのぷっちー(@putilog)です。 今回はSteelSeriesのGameDacのレビューのまとめ記事となります。 サウンドカードやUSB-DACはPCやCS機でバーチャルサラウンドを利用してサウンドプレイをす...

3位HyperX Amp

HyperX AmpはHyperX独自のチューニングされたバーチャルサラウンド7.1chを使用することが出来る。

実用的なサウンドカードの中では最安値のサウンドカードです。

特徴

4,000円台とかなり安い金額だが、音質はこもったような感じがするが悪くはない。ホワイトノイズがあり音の質は値段相当です。

本体中央の7.1chボタンを押すだけでバーチャルサラウンドに接続することが出来て、ソフトウェアのアップデートなどを必要としない。

本体の操作で全体音量とマイクの音量の調整とマイクのミュートボタンが付き、服に留めるクリップが付いています。

ゲームでの使用では音質やノイズは気にならないので、ゲームでバーチャルサラウンド7.1chが使えれば良いというかたにおすすめです。

メリット

  • 4,000円とかなり安い
  • バーチャルサラウンド7.1chは前後の定位もしっかりしている
  • マイクミュートボタン付き
  • クリップで服に留められる

デメリット

  • 無音だとノイズを感じる
  • シーンなどの切り替え時に「ピー」といった音が入る
  • 音質がそこそこ

仕様

型番 HX-USCCAMSS-BK
インターフェース 入力:USB、出力:3.5mm
ケーブル長 2m布巻きケーブル
保証期間 6ヶ月間
created by Rinker
キングストンテクノロジー
¥3,837 (2019/12/13 02:24:19時点 Amazon調べ-詳細)

Comment

タイトルとURLをコピーしました