AmazonPrime登録でお得にお買い物!

JBL QUANTUM 100レビュー:低価格で人気のヘッドセットのメリットとデメリット

URLをコピーする
URLをコピーしました!

どうも、ぷっちー(@putilog)です。

Amazonゲーミングヘッドセットランキング

Amazonのゲーミングヘッドセットランキングの上位にランクインしており、低価格な『JBL QUANTUM 100』が気になり購入しレビューといった経緯です。

先にどういったゲーミングヘッドセットか特徴をお伝えすると

  • 超軽量
  • 低価格
  • 音質は普通
  • ゲームでは音の輪郭がぼやけているので定位感が微妙

といった内容になっております。

では、「JBL QUANTUM100」をレビューしていきます。

目次

『JBL QUANTUM 100』の特徴とスペック

JBL QUANTUM 100

2020年6月16日に発売されたゲーミングヘッドセット『JBL QUANTUM 100』。

低価格で超軽量のゲーミングヘッドセットの特徴をお伝えしていきます。

没入感の高いQuantumSURROUND

QuantumSURROUND

JBLが独自開発したサウンドアルゴリズムにより空間的なサウンドを作ります。

よりリアルで没入感のあるサウンドクオリティで正確なサウンドを提供。

ぷっちー

バーチャルサラウンドで聞こえるチャンネルを増やして音の定位が良いよということだね。

超軽量220g

有線モデルの中でも220gはトップレベルのヘッドセット重量。

軽いヘッドセットなので長時間ゲームや音楽鑑賞に使用しても疲れない利点があります。

ぷっちー

ヘッドセットは軽さが正義です。

『JBL QUANTUM 100』の詳細スペック

名称JBL QUANTUM 100
ドライバー40mmダイナミック
周波数特性20Hz ~ 20kHz
感度96dBSPL @ 1kHz / 1mW
インピーダンス32Ω
マイク周波数特性100Hz ~ 10kHz
マイク感度-42 dBV @1kHz / Pa
ケーブルの長さ1.2m
重量220g
Amazon価格
JBL QUANTUM100詳細スペック

低価格の軽量ゲーミングヘッドに多い40mmドライバーを採用している。

重量が220gとかなりの軽量ヘッドセットです。

『JBL QUANTUM 100』の外観レビュー

『JBL QUANTUM100』を開封から外観のレビューしていきます。

『JBL QUANTUM100』を開封レビュー

Amazonで購入して、袋に外箱が入った状態で届きました。

外箱の感じが中華メーカーっぽさがあって少し怪しく大丈夫かなと心配になりつつも開封。

開けた中の箱はしっかりとしていて、ヘッドセットと説明書がすっぽりと入っている。

内容物

内容物
  • ヘッドセット本体
  • マイク
  • 取り扱い説明書関係の書類

それでは、それぞれ詳しく見ていきます。

書類(取り扱い説明書)

書類:取り扱い説明書

書類がいっぱい入っておりましたが、取り扱い説明書です。

心の声

なんでこんなに入ってんだ・・・?

ヘッドセット本体

ヘッドセット本体は安くても安っぽさはなく、全体が艶消しされたプラスチックでロゴだけ鏡面になっており高級感がある、普段使いやZOOM会議にも使えるような見た目です。

ぷっちー

ゲーミングヘッドセットというとギラギラ、ゴツゴツしてる印象があるけどこれは一般的なヘッドホンに近い印象です。

頭頂部分

頭頂部分は低反発のクッションを触っているようなかなりふわふわの触り心地がかなり良い。

見た感じからスポーツメッシュなタイプのクッションです。

ぷっちー

今までにない柔らかさで驚きました。

イヤーパッド

ヘッドバンドのクッションとは違いレザー性のクッションで、クッションの柔らかさはかなり柔らかい。

側圧がそこまで強くなく、クッション性が高いのでメガネをしていても全く苦にならない。

ぷっちー

私が使用したらイヤーパッドは耳に被さるのではなく耳全体を覆うサイズですっぽりハマる感じでした。

イヤーパッドははめ込みのタイプになっている。取り外すことで中のグリル部分を確認。

グリル部分は後頭部に向けて下がっていく傾斜が付いていて、人間工学に基づいた形状をしている。

ぷっちー

グリルが平面の物もあるけど画像のように傾斜がついている方が自然と聞こえるんだよね。

ヘッドセットの高さ調整

ヘッドバンドの高さ調整はカタカタと調整ができる。私は頭が大きい方なので最大で使用してちょうどいい感じでした。

側圧や頭頂部に違和感を感じることもなくノーストレスです。

ヘッドセット本体ボタン関係

左耳側に音量ダイヤルとマイクミュートボタン、接続用のケーブル、マイク接続部分がある。

右耳側は何もありません。

マイク

ヘッドセットに接続用のマイク。マイクはかなりグネグネ曲がるので口元に簡単に持っていくことができる。

風防を外した状態のマイク

マイクの風防を外すと画像のようになっておりました。

ヘッドセットの重量

224g(ケーブル込み)

公式の詳細スペックでは220gとなっていたが、実測で測ってみるとケーブルを入れてしまうので224gと測定結果が出た。

ケーブルを入れて224gなので公表しているスペック通りです。

ぷっちー

220gは軽すぎでしょ・・・!

マネキンにヘッドセットを装着

マネキンに付けているのを見るとイヤー部分が大きいことがわかる。覆いかぶさるイヤーパッドで当たる面積が大きく分散されるので長時間でも全く疲れないようになっている。

『JBL QUANTUM 100』を実際に使用して感じたメリットとデメリット

ゲームで使用して感じたことでメリットやデメリットをお伝えしていきます。

音量に始め困惑

初め使用する際に「SENNHEISER GSX1000」に「JBL QUANTUM100」を接続して使用したところ音が小さすぎた。

サウンドカード側で音量を100にしても音が小さく悩んでいたところ、ヘッドセットの音量ボリュームを上げたら音量が上がり解決。

ヘッドセットの音量ダイヤルはOSとは連動しておらず、ヘッドセット独自の音量の調整となっています。

ぷっちー

最初使い始める人注意。

VALORANTで使用するも音の定位が微妙か・・・

VALORANTプレイ画面

友人とボイスチャットをしながら「VALORANT」をプレイ。

音を2chと7.1chで聞いてみたところどちらも音の輪郭がぼやけて音の詳細を掴みにくい。

音量を上げすぎると余計音の位置がわからなくなる為、なるべく音は小さく使用することでサウンドプレイに支障がない程度になった。

ぷっちー

残念だけど音の定位が少し微妙に感じましたね。

音のチューニングはフラットでちょうど良い

ドンシャリ傾向にあるゲーミングヘッドセットの中どの音域も強すぎることがなくちょうど良いフラットなチューニング。

音質は普通程度ではあるが、ディフューズの解除音などしっかりと聞き分けをできていたので音域それぞれの聞き分けはしっかりとしていてとても良いです

ぷっちー

私個人フラットなチューニングで聞き取りやすい感じはあった。

『JBL QUANTUM100』のレビューまとめ

いかがでしたでしょうか?

私個人の感想ではAmazon価格で約4,000円程度でありながらこの出来は良くできていると思います。

ただ音の定位だけが音を上げすぎるとわかりにくくなってしまうところがあるのでそこだけ注意すれば良いゲーミングヘッドセットだと思います。

ぷっちー

この性能でこの価格は破格ですね!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてください!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる