Amazonチャージでお得にお買い物をする!

【PC/iPhone】AdBlock導入方法やメリット・デメリットなど【WEB快適化!】

スポンサーリンク
雑記

どうも、ゲームブロガーのぷっちー(@putilog)です。

今回はAdBlockというWEBブラウザの広告を排除するプラグインとアプリケーションを紹介していきます。

紹介する内容
  1. AdBlockを導入する方法
  2. AdBlockのメリット・デメリット
  3. AdBlock導入による影響は?
上記の内容を解説します。

AdBlock導入するとホントに快適なんでおすすめです。

なんで今まで入れてなかったんだろうってなりますよ(笑)

スポンサーリンク

AdBlockを導入する方法

AdBlockを導入する方法としてPC(Google Chrome)とiPhone(Safari)上で広告をブロックする方法を紹介していきます。

Google Chromeで広告ブロックを導入する方法

まずはGoogleで「AdBlockで検索」または、「こちらのリンク」からAdBlockの導入画面へ進んでください。

まだWEBブラウザがIEや、FireFoxの方は「こちらからGoogle Chromeをダウンロード」してください。

 

「CHROMEに追加」から、ホップアップで本当に追加しますかで「拡張機能を追加」。

 

ADBLOCKを導入すると寄付の画面になります。寄付は余裕のある方はお願いしますという内容なので支払う気が無いのであれば寄付しないでそのまま画面を閉じて大丈夫です。

ADBLOCKの広告画面が出た時点で導入が済み、広告ブロック状態になっています。

iPhoneでAdBlockを導入する方法

アプリは下記のリンクからインストールするか、APPSTOREにて「AdGurd」と検索。

AdGuard ー Safariでしっかり広告ブロック – Performix

 

検索した場合は「AdGuard-Safariでしっかり広告ブロック」をダウンロードからインストールしてください。

 

インストールしたら、設定アプリを開きSafariの項目をタップしコンテンツブロッカーを開いたらすべてをONにしてください。上記画像の状態がONにした状態です。

 

全ての項目をONにしたら、先ほどインストールしたAdGuardを開き保護がONになっていることを確認。

そうすることでSafariのアプリ上では広告が表示されなくなります。

iPhoneでYouTubeアプリの広告は消せないので、YouTubeアプリを削除してSafariで見ることをおすすめします。

SafariでYouTubeを見るためにお気に入りYouTubeをお気に入り登録してますね。

では、導入方法はお伝えしましたので、次に導入することでのメリット・デメリットをお伝えしていきます。

スポンサーリンク

AdBlockのメリット・デメリット

広告ブロックを入れることでメリットがとても大きいがデメリットもあるのでしっかりとご紹介していきます。

広告が表示されなくなる

広告が表示されなくなるのでネットサーフィンやYouTubeをストレスなく楽しむことができます。

しかし、広告が表示されなくなるといくつか欠点もあります。

私のサイトを例に挙げると、商品レビューの記事にて金額が分かるようにAmazonのウィジェット機能を使用してリアルタイムの金額を出しているがAmazonウィジェットが広告判定となって表示されずAmazonまで価格を見に行かなければならない。

こういった広告のようなもので紹介していると消えていることがあり、本来ウェブサイトの表示ではない形なので伝わらないこともありますね。

ウェブサイトによってはアクセスできなくなる

広告ブロックを入れているとアンチ広告ブロックとしてウェブサイトを表示させないサイトもいくつかあります。

表示されないサイトをどうしてもみたいという場合はいったんOFFにする必要があります。

Google Chromeで広告ブロックをOFFにする方法

「Google Chrome」では右端の点々からその他ツール→拡張機能を押すとグーグルクローム内の拡張機能を確認できます。

 

その中にAdBlockがありますので上記画像の状態にするとOFFになります。赤枠で囲っている部分が灰色でOFFです。

iPhoneで広告ブロックをOFFにする方法

AdGurdのアプリを開いて緑色の状態からタップして赤色の状態になればOFFになります。

iPhoneの場合はこれだけなので簡単です。

スポンサーリンク

AdBlockを入れることによる影響について

基本的にウェブサイトというのはウェブ広告からの収入で成り立っているので、ウェブ広告を出している側やウェブサイトを運営している方の収入に影響を及ぼします。

YouTubeでも広告が表示されなくなるのでYouTuberの方の収益は下がってしまいますね。

こういったことからGoogleなどは今後AdBlockを入れてウェブを閲覧している人には課金しなければウェブ閲覧できないサービスを考えているみたいです。

Googleや広告で成り立っているサイトとのイタチごっこにもなりそうですがね・・・。

 

正直な話、私も広告を表示させて収入を少しですがいただいております。AdBlockが流行りだした今でも収益にはほとんど影響が出ていないのでAdBlockは現在導入している方はほんの一部なのかと思います。

なので今後一般的なウェブ関係に疎い方にもテレビなどで知れ渡ると大きな問題になってくるのではないかと思います。

私としては今の無料サイトで広告がある方が好きですね、今後有料サイトだらけになったら見たい情報や動画を見れなくなるかと思うと悲しいですね・・・。

Amazonでお得に買い物しませんか?

Amazonではチャージをして買い物をすると、チャージ額に対してAmazonプライム会員なら最大で2.5%ポイント還元されます!
チャージしたポイントは1ポイント1円で使用可能です。
クレジットカードがなくてもATMやコンビニ、ネットバンクからチャージすることができます。
買い物をする前にチャージするだけで簡単でお得に買い物ができるので是非チャージして買い物しましょう!

雑記
ぷちろぐ

Comment

タイトルとURLをコピーしました