【2019年5選】FPSでおすすめのサウンドカード【コスパ重視】

スポンサーリンク
ガジェット
この記事は約16分で読めます。

サウンドカードの種類はPCIeのスロットに挿すものとUSB接続があり、値段は1万円~2万円程するので失敗できませんよね。

ちなみに私がサウンドカードを選ぶときに重視するのはサラウンドの定位コスパです。

接続先や用途、何を重視するかによっておすすめが変わりますので、色々と考慮した上で薦めていきます。

ぷっちー
ぷっちー

今回ご紹介するのは、買って失敗することのない良いものを選びました。

とりあえず安いものを選ぶのは、買って失敗する原因なのでしっかりと選びましょうね!

ぷっちー
ぷっちー

実際に購入する際に迷うのが上記のサウンドカードになると思います。

どれも良い物なので用途や接続先などで選んでいただけたらと思います。

スポンサーリンク

サウンドカードとは

サウンドカードは主にPCで使用し、音質の向上や音の増幅といった音の環境を改善を目的としています。

サウンドカードの機能によってはバーチャルサラウンドの機能があり、7.1chであれば仮想空間で7つのスピーカーから音を聞いている状態を作り出すことで多方向から音が聞こえるような環境を作り出します。

ぷっちー
ぷっちー
 

多方向から聞こえる環境を作れるからFPSで足音がどこから聞こえてきたのかといった使い方や音楽や映画で立体感のある迫力で鑑賞することもできます。

ゲームや使用の用途によってはサウンドカードが必ずしも必要ということはありません。

PUBGというFPS/TPSゲームでは、サウンドカードがなくてもUSB-DACが付いてくるゲーミングヘッドセットが付いてバーチャルサラウンド7.1chが使用できればサウンドカードは必要ないという場合もあります。

▼PUBGでのサウンドカードの必要性について

スポンサーリンク

サウンドカードの選び方

サウンドカードには様々な種類がありますので、使用する環境に応じてサウンドカードを選ぶ必要があります。

USB接続、PCIeスロットに挿すものと接続方法も異なります。

また使用するデバイスによって、PCまたはPS4やSwithといったゲーム機で使用する場合でも変わってきます。

USB接続のサウンドカード

主流のサウンドカードの接続タイプ。

PCだけでなく、PS4などの家庭用ゲーム機での使用できるものもあります。

サウンドカードを置くスペースが必要というデメリットがあるが、PCIeスロットに挿すものと違いマザーボードのホワイトノイズを拾うこともなく、PC以外でも使用できるというメリットもあります。

ぷっちー
ぷっちー

USB接続タイプは主流なだけあって選択肢が多いです。

使用する用途や機能から選択すると良いですよ!!

PCIeスロット接続のサウンドカード

PCのマザーボードに接続して使用するサウンドカード。

PC初心者ではマザーボードのどこに挿せばいいのか、自分の使用するPCが対応しているのかがわからないということもあります。

PCのマザーボードに挿すのでホワイトノイズが発生する可能性があるデメリットがあり、PCに内蔵するのでスペースを取らないといったメリットがあります。

PCIe接続のおすすめ
ぷっちー
ぷっちー

AE5はマザボに挿すタイプの中では最高だと思ってます。

サウンドカードをPS4またはSwitchで使用する場合

PS4で使用する場合はUSB接続でしっかりと機能を使用できるものを選びましょう。

サウンドカードによって専用のアプリケーションを使用しないとバーチャルサラウンドの機能が使えなかったりすることがあります。

バーチャルサラウンドを家庭用ゲーム機で使うことを目的として購入する場合は注意が必要です。

家庭用ゲーム機への接続のおすすめ
ぷっちー
ぷっちー

家庭用ゲーム機で使うなら上記の2つで選びましょう。

スポンサーリンク

クリエイティブ SoundBlasterX AE-5

クリエイティブ SoundBlasterX AE-5はクリエイティブというメーカーのサウンドカードです。

PCIeスロット接続のサウンドカード

定位がSoundBlasterX G5より良くなっているということで敵の位置を正確に把握することが可能であると考えます。

ただしマザーボードなどの環境によってはノイズが入る可能性があるので注意してください。マイク接続でも音にノイズが入る可能性があります。

ノイズとはマザーボードのコンデンサー等から雑音で「ジジジ」などといった音

特徴

他にも紹介している商品とは違ってPCIeスロットに挿入するものなので、PCについてよくわからない方はやめておいたほうが無難でしょう。

ぷっちー
ぷっちー

友人の環境ではノイズは無いとのことで、アマゾンレビューなどをみてもノイズが酷いという方はいないのでノイズの心配はないと思われます。

 

ダイナミックレンジ 122dB ESS Technology 製SABREクラスのDACを使用。

最大32bit/384Hzでハイレゾ高音質ステレオも楽しめます。

ぷっちー
ぷっちー

ESS Technology製のSABREという上位のDACを使用しているので、高音質でハイレゾにも対応しているから音楽も楽しむことができるんですよ。

「Xamp」を搭載しており、左右のチャンネルが独立して高音質を実現しています。

ダイレクトヘッドホン出力に対応しており、ハイレゾ音源をより高音質で聞くこともできます。

ぷっちー
ぷっちー

サウンドカードを使うと音質はかなり良くなります。

とりあえず音質を良くしたいのなら「Sound BlasterX G6」の方が良いですよ。

「CrystalVoice」機能でボイスチェンジができます。

クリエイティブの製品のサウンドカードのほとんどがボイスチェンジ機能が付いております。

ぷっちー
ぷっちー

ボイスチェンジャーを使って喋ると面白いですよ笑

専用のソフトウェア「Sound Blaster Connectソフトウェア」でイコライザの調整バーチャルサラウンド7.1chを使用することができます。

バーチャルサラウンド7.1chを使用することで、ゲームでは音のする方向を把握することができ、音楽や映画では立体的な鑑賞をすることができます。

SoundBlasterX AE-5」は「SoundBlasterX G5」よりサラウンドの定位が良いので、クリエイティブからサウンドカードを選ぶ場合は「SoundBlasterX AE-5」にしましょう。

ぷっちー
ぷっちー

ゲームでバーチャルサラウンド7.1chを使用することを目的とする場合、サラウンドの定位が良い物であれば音のした位置を正確に把握することができます。

Scout ModeScout 2.0へ進化した。Scout Radarという機能で足音を強調してくれ、レーダーによって場所を特定できるみたいだが使えるものなのかは不明です。

ぷっちー
ぷっちー

ScoutModeとScoutRaderを使ったことはありますが、より足音がわかりやすくなるといった恩恵は全く感じることができませんでした。

SoundBlasterX AE5はこんな人にオススメ

  • PCで使用したい
  • ゲームで定位が良い物を使用したい
  • ボイスチェンジャーなど多機能なものを使用したい
ぷっちー
ぷっちー

PCゲームで使用するのであれば、音質と定位も良いのでオススメです。

スポンサーリンク

クリエイティブ SoundBlasterX G6

クリエイティブからUSB接続のサウンドカード。

SoundBlasterX G5」の次世代機として「SoundBlasterX G6」が2018年8月に発売されました。

 

SoundBlasterX G5」よりも音質、機能性が強化され、サラウンドの定位も良くなりました。

 

光デジタル接続にてPS4やSwitchでサラウンドに対応している。

 

Windows10搭載のPCでは、より高音質のステレオのハイレゾを再生することが可能になります。

 

アマゾンでは、内蔵型サウンドカードカテゴリーで1位(2019年8月現在)とかなりの人気です。

音質が良く価格もサウンドカードの中では低く抑えられているサウンドカードです。

特徴

USB接続のサウンドカードで、PC以外にもPS4やSwitch、Xboxといった家庭用ゲーム機にも対応しています。

ぷっちー
ぷっちー

様々な用途で使用したい方にオススメですね。

 

PCや各ゲーム機を接続例などもホームページにて詳しく紹介されています。

PCへの接続ではバーチャルサラウンド7.1chに専用ソフトウェアを使用することで対応しております。

 

光デジタル接続でDOLBYのサラウンド技術を搭載しているので「SoundBlasterX G5」よりサラウンドの定位が強化されています。

だがサラウンドの定位をGSX1000やMixAmpと比べると劣るためバーチャルサラウンド7.1chをメインに利用したいという方では向いていないです。

ぷっちー
ぷっちー

バーチャルサラウンド7.1chを使用したとき前後の定位が悪いのでゲームで足音や銃声などを聞き取る為に使用するのはやめておきましょう。

SoundBlasterX AE-5」でも紹介したScoutModeを搭載していて、ゲーム内で重要な足音や銃声といった音をハイライトし、聞き取りやすくしてくれます。

ぷっちー
ぷっちー

スカウトモードに過度な期待はしない方がいいと思います。

スカウトモードを使用するのではなく、イコライザーで環境音のあげたい音などを調整した方がより聞き取りやすいです。

 

ハイレゾ再生がパワーアップされており、Windows10と接続したときに32bit/384kHzのハイレゾPCM再生とDop方式によるDSD再生を可能としている。

ぷっちー
ぷっちー

より高音質な音楽鑑賞などを楽しみたい方にオススメですね。

SoundBlasterX G6はこんな人にオススメ

  • 色々な機器で使用したい
  • 高音質な環境で音楽鑑賞を楽しみたい
ぷっちー
ぷっちー

音楽や音質を重視している人にオススメしたいですね。

ゲームではサラウンド7.1chの前後の定位が悪いのであまりオススメできません。

created by Rinker
クリエイティブ・メディア
¥12,616 (2019/11/22 19:32:37時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

ゼンハイザー GSX 1000

ゼンハイザーからPCにUSB接続するだけで使用することができる(ソフトウェア不要)サウンドカード。

 

ソフトウェアを必要とせず、「Sennheiser GSX 1000」本体中央の液晶パネルをタッチして、機能の切り替えを行います。

バーチャルサラウンド7.1chに対応しており、サラウンドの定位が良くFPSなどでも足音をしっかりと聞き取ることができます。

サウンドカードの中では少し値が張るが定位が良く買って失敗したくない人には「Sennheiser GSX 1000」をおすすめします。

ぷっちー
ぷっちー

音質とサラウンドの定位が良いので、音楽とゲームどちらも最高に楽しむことができるサウンドカードになります。

 

 

特徴

▼「Sennheiser GSX 1000」の特徴として

  • スピーカーとヘッドセットの接続をワンタッチ切り替え
  • ステレオとバーチャルサラウンド7.1chをワンタッチで切り替え
  • 使用時のプリセットや強調など切り替え多数
  • 音質、サラウンドの定位ともに良い

Senheiserは音響メーカーということもあり、音質はとても良Sennheiser GSX 1000いので音楽鑑賞などでも楽しめます。

ボリュームの調整なども手元の「Sennheiser GSX 1000」で調整することができます。

 

マイクを使用した場合ノイズは無く、音質も良いです。

ぷっちー
ぷっちー

音響メーカーだから安心のマイクと音質ですね!

 

接続端子はUSB接続のマイクロUSB、スピーカー、マイク、ヘッドホン端子があります。

ぷっちー
ぷっちー

USBスピーカーは接続できないので注意!

すでにイコライザの設定があり、想定されたシーン(音楽、映画、ゲーム)でのプリセットが登録されていますので液晶をタップして切り替えられます。

バーチャルサラウンドの前後の音の強化をタッチパネルからすることもできます。

その他にも、サイドトーンの調整で自分のマイクからの声の聞こえるボリュームや、マイクのエコーの強化を調整する事ができます。

イコライザ設定が無いため自分好みの詳細な設定をすることができない欠点はあります。

ぷっちー
ぷっちー

USB接続で置いといてもとてもお洒落で、機能性もとても良いのでおすすめです。

スポンサーリンク

アストロ MixAmp Pro

アストロからUSB接続のサウンドカード。

PCで専用のソフトウェアを使用し調整した設定を「Astro MixAmp Pro」に登録するので、PS4でもバーチャルサラウンド7.1chを使用することができます。

ぷっちー
ぷっちー

PCで設定すれば、PS4でも設定したとおりにバーチャルサラウンド7.1chが使えるのでおすすめです。

PCゲームと家庭用ゲーム機で使用したい人におすすめです。

 

特徴

PCと接続して専用の「Astro Command Center」をインストールして使用することで、バーチャルサラウンド、イコライザを設定できます。

プロファイルにマイクやオーディオの設定を調整し、保存しておくことができます。

PS4でも「Astro Command Center」で設定した内容をプリセットで4つセットできて使用することができます。

 

ASTRO AUDIO V2によるチューニングにより、音質がとても良く、幅広い低音から高音を実現し、マイクの音質も旧型から改良されてとても良くなっています。

ぷっちー
ぷっちー

配信にも使える音質を実現しているので、これからゲーム配信を始めようという方にもおすすめです。

 

Dolbyサラウンド技術により、バーチャルサラウンド7.1chに対応しており、ゲーム内の音を3Dにとらえることが可能になります。

ぷっちー
ぷっちー

Dolbyのサラウンド技術なので高品質のサラウンドで音をしっかりとどこから聞こえたのか捉えることができます。

 

 

Astro MixAmp Pro」はゲーム音とボイスチャットの調整を直接ボリュームから変更できます。

直接調整できるのでお手軽に調整できるのでライブストリーミング配信などで使用する方にもおすすめです。

ぷっちー
ぷっちー

ゲームでの使用、ボイスチャット、配信とどの様な使用にも対応しているすぐれものですよ!

スポンサーリンク

SteelSeries GameDac

SteelSeries GameDac」はSteelSeriesからUSB接続のGameDac(サウンドカード)です。

GameDac単体で音量調整はもちろんのこと、イコライザーやミキサーの調整をすることができます。

PCでの設定や専用のソフトウェアを必要としないので、PCを持っておらずPS4などの家庭用ゲーム機でサウンドカードを使用したい人におすすめです。

ぷっちー
ぷっちー

MixAmpProはPCが必要ですが、「SteelSeries GameDac」は製品単体ですべての設定をすることができます。

 

特徴

接続先はUSBで接続だが、ヘッドホンやイヤホンと接続する場合、3.5mmプラグ又はMicroUSBでの接続が必要になります。

ぷっちー
ぷっちー

USB接続のヘッドセットは接続できないので注意!

 

 

 

ボリュームやゲームと音声のミックスを調整できます。

ぷっちー
ぷっちー

ボリュームの調整でPS4でボイスチャットをするときに「SteelSeries GameDac」を少し調整すればいいので楽ですね。

 

 

 

イコライザーの音域の調整が、「SteelSeries GameDac」だけで出来ます。

なのでゲーム中にもイコライザーを調整できますね。

ぷっちー
ぷっちー

イコライザーの調整をサウンドカード単体で調整できるのは「SteelSeries GameDac」くらいなのですごいですよ!!!

 

 

ハイレゾの調整で最高品質のオーディオを楽しむことができます。

ぷっちー
ぷっちー

音質重視の方にもおすすめです!

ストリーミング用の設定機能もあります。

ゲーム、チャット、マイク、AUX、マイクのバランス調整をすることができます。

ぷっちー
ぷっちー

家庭用ゲーム機でストリーミング配信を使用という方にもおすすめ!

DTS Headphone:X v2.0を搭載!

DTSのサラウンド技術でバーチャルサラウンド7.1chで音の位置を正確に把握できる定位感があります。

ぷっちー
ぷっちー

安定したサラウンド技術でFPSなどで足音や銃声がどこからしたのかなどを、しっかりと再現します。

スポンサーリンク

まとめ

上記で説明したとおり、それぞれの個性があり、使用する環境を想定しておすすめを紹介していきました。

 

▼SoundBlasterX AE-5

PCのマザーボードに挿すサウンドカード

PCゲームでの音質を良くしたい方におすすめです。

バーチャルサラウンド使用した場合、前後の定位が悪いのでFPSなどのゲームではおすすめできません。

created by Rinker
クリエイティブ・メディア
¥15,581 (2019/11/22 19:32:38時点 Amazon調べ-詳細)

 

▼SoundBlasterX G6

USB接続のサウンドカード

AE-5と同じくPCゲームで音質を良くしたい方におすすめ

こちらも前後の定位が悪いのでFPSでの使用はおすすめできない。

created by Rinker
クリエイティブ・メディア
¥12,616 (2019/11/22 19:32:37時点 Amazon調べ-詳細)

 

Sennheiser GSX1000

USB接続のサウンドカード

PCでゲーム、音楽鑑賞で使用したい方におすすめ

ワンタッチ操作で機能の切り替えが特徴!サラウンドの定位が良いのでFPSの使用もありだが、イコライザーを思い通りに設定する場合他の設定するためのソフトウェアが必要となります。

【国内正規品】ゼンハイザーコミュニケーションズ ゲーミング&PC用オーディオアンプ GSX 1000 506527
created by Rinker

 

▼Astro MixAmp Pro

USB接続のサウンドカード

PCと家庭用ゲーム機でゲームでの使用する目的で配信もできるマルチなおすすめサウンドカード!

PCで設定したプリセットで、家庭用ゲーム機でも使用でき、サラウンドの定位が良いのでFPSなどのゲームでも足音をしっかりと聞き取れます。

 

▼SteelSeries GameDac

USB接続のサウンドカード

家庭用ゲーム機のみで使用する方におすすめ!

サウンドカード単体ですべてを設定できる万能サウンドカードで、ゲームでもしっかりとしたバーチャルサラウンドで音を聞き取ります。

Comment

  1. 匿名 より:

    GSXとAE-5の両方を持っていますが、定位はAE-5に分があるのではと思います。
    巷ではGSXの使用者が多い為、AE-5より優れていると錯覚しているかも知れませんが、★一つ分の差があるようには思いません。
    AE-5のノイズについては出力側のノイズは気になりませんが、これはサウンドカードに直接接続した場合のみで、フロントパネルに接続した場合はつらい事になります。
    入力側はどうしてもノイズを拾うので、ここがおすすめできないポイントです。

    • ぷっちー ぷっちー より:

      両方持っているとは貴重な意見ありがとうございます。
      私はG5とGSX1000を持っています。
      GSX1000は前後の定位が認識し難い点と上下の定位が良いと感じました。
      サウンドカードにはそれぞれの個性や特徴があるみたいですね。定位については同等レベルとしておきます。
      もしよろしければGSX1000とAE-5の定位の違いを教えていただけないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました