PUBGで敵が見えない人必見の設定

スポンサーリンク
PUBG
この記事は約6分で読めます。

PUBGを初めてプレイした方が一番初めに思うことが「敵が見えない!」ということだと思うのでオススメの設定を紹介させていただきます。

PUBGの8月のアップデートの内容に合わせて変更しました。

PCの設定はこちらで紹介しています。

PUBGのPC設定最新版
PUBGでFPSを出すために少しでも軽くしてプレイしたいですよね。 PCの性能を最大限に発揮できるようにして必要な設定だけONにすることで無駄な処理に負荷をかけないようにします。 PC設定 PUBGの設定で必要なPCの設定からします。...
スポンサーリンク

グラフィック設定

PUBG側で出来る設定です。

プレイする上ではFPS値と見やすさが重要となってくるためそれらを重視した設定となります。

PUBGを起動して右下の歯車マークから設定を開いてください。

スポンサーリンク

ディスプレイの設定

ディスプレイの設定の前にビデオキャプチャーのハイライト自動キャプチャーは切った方が絶対良いです。何故かというとキルするたびにそのキルシーンが録画され保存されます。そこで重くなることが私はあったのでハイライトシーンの録画をしても見ない方は無効にしましょう。

以下の設定を反映することでパフォーマンスを重視しつつ重要なところは設定よりにしてあります。

FPPモード視野角

90〜103

FPPモード(1人称視点)での設定です。見えかたなどの設定ですので個人の好きな数値にしていただければと思います。

上の90〜103は私のオススメです。

90を基準として数値を上下させて見やすい設定にしてください。

輝度

100

明るさです。

環境に合わせて変更してください。

私はMAXの100が一番見やすいためオススメです。

ロビーでのFPSリミット

無制限

ロビーでのFPSの制限です。ロビーでFPSが出ないよう制御し無駄に負荷をかけるたくない方は30fpsにするといいでしょう。

ゲーム内のFPSリミット

無制限

ゲームプレイ中のFPSの制限。ディスプレイの関係で60fps出れば良い方は60fpsで良いかと思います。

私は制限する必要がないのでしません。

スムーズフレームレート

チェックしない

情報がないので私の経験になってしまうのですがチェックを入れるとfpsが60に近い値でずっとキープされていました。

 

スムーズフレームレートオフ117fps
スムーズフレームレートオン62fps

内部の処理は垂直同期と同じような処理ではないかという方もいるのでチェックを入れないほうが良いでしょう。

オンの方が快適にプレイできるという方であればオンにしてプレイしてみてください。

スポンサーリンク

高度な設定

画像の処理に関する設定です。

低く設定することでfpsをだせます。

 

全体クオリティ

カスタム又は非常に低い

設定をするとカスタムに自動でなります。

画面スケール

120(推奨)

120%での出力が厳しい場合は100%まで画面の出力を落としてください。

これは現在の解像度(1920×1020等)に対して何%の画面の出力で出すかというものなので100%以下にするとボヤけたような出力の表示になってしまいます。ですので最低でも90%にしてください。

120%に上げることで画面が見やすく表示されます。

アンチエイリアス

(私のオススメ)

非常に低い→FPS値が稼げる。

ウルトラ→滑らかな表示で敵が見やすい。

画面表示の荒さの設定なので低ければギザギザの表示で高ければひとつひとつの表示が細かくなるのでなめらかな曲線となり見やすくなります。

みやすさの設定なのでPCスペックと相談して見やすい設定にしください。

ポストプロセス

非常に低い

私は非常に低いから上げると雰囲気が出て良いなと思いますが敵を視認しにくいです。

他の方は中かそれ以上に上げることで見やすいと思っている人もいるのでここの設定は個人差があるかと思います。

非常に低いから上げることで重くなるので非常に低いで私は良いのではないかと思います。

非常に低い

以前は中から相手の影が表示されるという設定だったのですが、今はどの設定でも相手の影が見えるようになりました。

非常に低いから上げることで影が大きくなります。ですが影を視認してのプレイはほぼないですし、それほどの近距離であれば足音での特定ができますので私は必要ないと考えています。

テクスチャ

高(推奨)

高いに設定するほど見た目がくっきりと表示され見やすくなります。中は微妙な印象だったのでPCスペックと相談して低または高の設定をオススメします。

エフェクト効果

非常に低い or ウルトラ

手榴弾、スモークグレネードや発砲時のフラッシュ(マズルフラッシュ)といったエフェクト効果のもののことです。

戦闘において設定が高いとFPS値が下がったり等で不安定になり戦えない場合もありますので非常に低いにしてください。

エフェクトをウルトラにしてもFPSや戦闘に影響を受けない場合はウルトラにすることを推奨します。

こちらの動画にあるのですがウルトラにすることで銃の発砲時の発光(マズルフラッシュ)が低い設定と比べるとぜんぜん違うことがわかります。

できることならウルトラにして敵の位置を特定しやすくしてください。

植生

非常に低い

どれだけ遠くまでオブジェクトを表示させるかという設定です。

オブジェクトを表示させる必要がないため非常に低い。

描画距離

非常に低い〜ウルトラ

ウルトラがパラシュート降下時などで車を視認したりすることができるのでオススメです。

ですがこちらはPCスペックと相談してFPS値優先で設定してください。

私は低にしています。

垂直同期

OFF

オンにすることで一般的なディスプレイの60HZ(1秒間に描く速度)でありディスプレイが描くタイミングにGPUが描くタイミングを合わせることで画面のズレを起こすテアリングを抑えることができます。

ですが60fpsを下回った場合30HZでの描写になるため、もし重い場面になった場合スタックリングというカクつきが起こるためオススメ出来ません。

モーションブラー

OFF

画面を動かした時のなめらかさを出し、よりリアリティのある設定になるのですが必要性は全くありません。

以上の設定に変更して重いなと感じる場合はFPS値を出すことを優先したいので全部非常に低いにすることをオススメします。

鮮明度

 

ON

ONにすることで輪郭がくっきりするように見えやすくなっているのがわかります。

OFFの方が見やすいという方はOFFにしてくださいね。

もしONにしてFPSが下がり重くなるようなら切っても影響はそこまでないかと思います。

設定の比較

低い設定と高い設定を比べたり設定の中の項目をオンにした比較を見比べることができます。

ぷっちー

ゲーム画面を開いて設定を変えて感覚に頼って見るより見比べられたほうがどう見やすいかもわかるので是非つかってみてください。

スポンサーリンク

デスクトップカラー設定

デスクトップのカラー設定でデジタルバイブランスを色を変更することで見やすい数値に変更できます。

デスクトップの何もないところで右クリック→NVIDIAコントロールパネルを開きます。

そして左のディスプレイタブのデスクトップカラー設定の調整を選択。

デジタルバイブランスを好きに設定できます。初期設定では50%だと思います。数値を上げると画面の表示が変化しますので見やすい数値に変更してください。

私がこれを変えた時は正直驚きましたが同時に戸惑いましたね。100%にしたら色が全く違くて全然なれませんでしたがよく思えばこの設定で結構遠い敵のみやすさがかわったなと感じます。

 

スポンサーリンク

まとめ

みやすさを変えるための設定ですのでお好みの設定でドン勝とってください!

デジタルバイブランスの設定はほんとにおすすめです。

PUBGのプレイ画面にFPSの表示させる方法

PUBGでFPS(フレームレート)の表示をさせる方法
Steamで設定FPSを表示させるにはSteamで設定をする必要があります。Steamを開いて左上のSteamから設定をクリックゲーム中タブからゲーム中にSteamオーバーレイを有効にするにチェックゲーム中のフレームレート表示で...

Comment

  1. […] […]

  2. 匿名 より:

    垂直同期とモーションブラーの説明が逆になっていると思います

  3. 匿名 より:

    垂直同期とモーションブラーの説明が逆だよ

  4. ぷっちー ぷっちー より:

    コメントありがとうございます。
    垂直同期とモーションブラー逆になってましたね・・・直しておきます!

タイトルとURLをコピーしました