Logicool G PRO X:キースイッチ交換可能なゲーミングキーボードが11月14日発売

スポンサーリンク
ガジェット
この記事は約9分で読めます。

Logicool Gより、テンキーレスゲーミングキーボードの『PRO X』が11月14日に発売が決定。

価格は本体の『PRO X』19,800円。

交換用のキースイッチキットの『GX Blueクリッキー』、『GX Redタクタイル』、『GX Brownリニア』が6,930円。

スポンサーリンク

Logicool G PRO X ゲーミングキーボード

『PRO X』はLogicoolから初となる、キースイッチの取替え可能なテンキーレスゲーミングキーボードだ。

LogicoolのPROシリーズは、eスポーツなどの場面で活躍するプロプレイヤーからの意見に合わせて設計されている。

そんな、『PRO X』の特徴を見ていく。

特徴
  • テンキーレスキーボード
  • キースイッチ取替えが可能
  • 着脱可能なケーブルで形態性に優れている
  • プログラム可能な12個のファンクションキー
  • 1,680万色のRGBライティング

 

テンキーレスキーボード

 

テンキーレスキーボードでマウスの可動域を広げている。

プロの使用を考えての設計のため、無駄なテンキー部分はない。

キースイッチの取替えが可能

入れ替えが可能なので好きな打鍵感のキーを選ぶことができる。

標準で装備されているキーは「クリッキー」だ。

3種類のキータイプがあり

標準で「GX BLUEクリッキー」が付いているので、カスタマイズしたい方は「GX BROWNタクティカル」、「GX REDリニア」を購入しよう。

着脱可能なケーブルで形態性に優れている

『PRO Xゲーミングキーボード』は有線のキーボードだが、着脱可能なケーブルとなっている。

大会などの持込での使用を想定され、コンパクトに持ち運びしやすい設計となっている。

ケーブルの接続は三叉式なので簡単には外れない設計だ。

プログラム可能な12個のファンクションキー

12個のFキーは設定可能となっており、キーにさまざまなプログラムを割り当てることができる。

キーをプログラムするには『Logicool G HUB』ソフトウェアが必要となります。

Logicool G HUB - 一歩先を行くゲーミング ソフトウェア
Logicool G HUBは、ゲーミングギアの可能性を最大限に引き出すための最新のソフトウェアです。ゲームに合わせて、思いのままにギアをカスタマイズ。

1,680万色のRGBライティング

LIGHTSYNCはゲームなどと連動するライトテクノロジー。

重要なキーのみハイライトしたりと自在にカスタマイズ可能だ。

LIGHTSYNCのカスタマイズは『Logicool G HUB』ソフトウェアが必要となる。

Logicool G HUB - 一歩先を行くゲーミング ソフトウェア
Logicool G HUBは、ゲーミングギアの可能性を最大限に引き出すための最新のソフトウェアです。ゲームに合わせて、思いのままにギアをカスタマイズ。

カスタマイズしたライトパターンをオンボードメモリにプログラムを保存することで、オフライン大会でも実現可能となっている。

Comment

タイトルとURLをコピーしました