EaseUS Data Recovery Wizardでデータの復元をしてみた。使い方も同時に伝えていきます【提供】

スポンサーリンク
Life
この記事は約5分で読めます。

どうも、ぷっちー(@putilog)です。

今回はEaseUSさんからの提供でデータ復元ソフトの提供をしていただきましたので、こちらの使用した感想と使用方法を伝えていきます。

EaseUSさんのソフトはパーティション編集ソフトのPartition Masterを使用したことがありましたが、そのときはスムーズにパーティションを作成しOSデータのバックアップ・クローンの作成時にお世話になりました。

では、「EaseUS Data Recovery Wizard」のレビューをしてきます。

スポンサーリンク

EaseUS Data Recovery Wizardについて

EaseUS Data Recovery Wizard」は有料版と無料版があります。

そこで、有料と無料ではどういった違いがあるのかみていきます。

有料と無料の違い

無料版と有料版で3種類ありますので、それぞれを紹介していきます。

Free

Pro Tech
無料 8,900円

35,580円

最大2GBのデータ復元

アクセスできないデータの復元

削除・非表示・紛失・Rawの復元

復元データ量制限なし

年中無休のテクニカルサポート

永久無料のアップグレード

1PC用ライセンス

期間中に無料アップグレード

無制限に利用可能なライセンス

商用利用可能

主な違いとして、Freeでは無料だが、復元できるファイルのサイズが2GBまでとなり、Proにすることで制限などがなくなります。

Techが企業向けのライセンスで、無制限に使用可能なライセンスと商用利用が可能となります。

 

なので、無料版では復元できるデータの最大サイズが2GBまでとなり、動画データなどが復元は厳しいかもしれないですね。

どうしても復元したいデータがFreeでは復元できない場合はProにして復元しましょう。

スポンサーリンク

EaseUS Data Recovery WizardのFreeで復元をしてみた

 

まず、「EaseUS Data Recovery Wizard」のインストールをする必要があります。

公式サイトから「無料ダウンロード」又は「製品版を購入」を選択。

 

インストーラーを起動し、今すぐインストールで、インストールを始める。

インストールに必要な容量は41MB程度です。

 

インストールの完了画面から「今すぐ始める」を選択して開きましょう。

復元の手順は簡単です。

復元の手順
  1. データを削除してしまった、元のファイルのドライブ(Cドライブなど)を選択。
  2. 選択したドライブをスキャン。
  3. 検出したファイルをプレビュー、復元。

 

では実際に復元作業をしていきますので、参考にしてください。

復元作業をしてみた

まずはこちらの「ぷちろぐデータ復元テスト」というエクセルデータを用意しました。

ぷっちー
ぷっちー

自分が以前消してしまって後悔したことがあるエクセルデータを復元していきます。

 

ゴミ箱へ入れて完全消去しました。

では、消したデータを探していきます!

 

EaseUS Data Recovery Wizard」を起動し、削除して消してしまったデバイスを選択。

今回はデスクトップで削除したので、デスクトップを選択しました。

 

デバイスのスキャンを実施。

ドライブをスキャンするので、過去の削除したデータなどが多い場合、データ量に比例してスキャンの時間も長くなります。

今回スキャンに要した時間は1TB/時間程度でした。

スキャンして出てきたデータはなんと・・・185,847件でした。

ぷっちー
ぷっちー

最初のスキャンはドライブの容量によってはスキャンの時間が長くなってしまうので注意が必要です。

「そんな多い中から探すのか」って思うかもしれませんが、探したいデータの復元候補やフィルター機能、検索機能を使うことですぐに見つけられますよ。

復元したいデータのファイル名を覚えている場合は検索がオススメ

右上のボックスのファイル/フォルダーを選択からファイル名を入力して検索しましょう。

検索すると該当するデータが出てきます。

ファイル名を覚えていれば、これが一番早く見つけられます。

復元候補からみつける

復元候補はタグやフォルダの種類から選択して見つけることができます。

今回消したデータがエクセルファイルだったのでEXCELを選択して探したのですが見つからなかったので、復元候補から探せなかった時はフィルター機能を使うといいと思います。

フィルターをかけて目的のファイルを探す

フィルター機能でチェックボックスを選択していくことで、表示するファイルを絞っていくことができます。

今回はExcelデータなのでExcelを選択。

 

すると185,847件あったのがたったの11件になりました。

このように消してしまったデータがみつかりました。

消したデータを復元する

復元を選択すると確認画面へと進みます。

画像データの場合、復元をしようとした場合に文字だけではどういった画像かわかりませんよね?

そこでプレビュー機能がありますので、プレビューで確認しつつ復元をすることができます。

 

復元先を選択します。

復元先選択の際に、消えてしまったデータと同じドライブを選択するとデータの復元が困難になる可能性があると出ます。

もし、他にもドライブがある場合は他のドライブに保存するようにしましょう。

スポンサーリンク

EaseUS Data Recovery Wizardを使用して感じたことまとめ

正直使ってみて思ったのが、ちょっとしたデータを削除してしまった時に初めてスキャンだと人によっては1時間近く待たされることだけがマイナス点かと感じました。

Free版なら2GBまでデータを復元できるので、2GBを超えるようなデータでなければFree版でいいと思います。

もし、2GB以上のデータを削除してしまった場合でも、Free版でスキャンしてデータを見つけられたらProにするといいのではないかと思います。

消してしまったデータを復元するという点だけを考えると、しっかりと復元をできていたので「EaseUS Data Recovery Wizard」はオススメです。

Comment

タイトルとURLをコピーしました